宮下博行・小美濃悠太デュオ 配信ライブ

¥1,000¥6,000

6月27日(日) 15:00 宮下博行・小美濃悠太デュオ
(アーカイブ配信あり)

ジャズピアノのスタイルの一つとして「ヨーロピアンテイスト」という言葉が使われるようになって久しいですが、その元祖と呼ぶべき関西の名ピアニスト・宮下博行。

宮下博行 Tokyo Trioとしてのライブ以来の共演を、ワンポイントマイクの臨場感あるサウンドで配信します!

クリア
商品コード: 該当なし カテゴリー:

説明

6月27日(日) 15:00 宮下博行・小美濃悠太デュオ
(アーカイブ配信あり)

ジャズピアノのスタイルの一つとして「ヨーロピアンテイスト」という言葉が使われるようになって久しいですが、その元祖と呼ぶべき関西の名ピアニスト・宮下博行。

Lars JanssonやMarcin Wasilewskiをはじめ、ここまでヨーロッパのピアニストを研究している人はそうそういません。うわべだけのヨーロッパ感とは違う、自分の音楽として昇華している素晴らしいピアニストであり、作曲家です。主に関西での演奏活動や後進の指導に尽力されていますが、もっと知られるべき存在だと思います。

宮下博行 Tokyo Trioとしてのライブ以来の共演を、ワンポイントマイクの臨場感あるサウンドで配信します。ヘッドフォンやイヤフォンでお聴きいただけると、その場にいるかのようなサウンドでお楽しみいただけます!

【チケット】

配信は¥1,000のチケットでご覧いただけます。もしお気持ちがあれば、サポートチケットをご購入いただけると励みになります。

また配信チケット+サポートチケット¥2,000もしくは¥5,000をご購入いただいた方へ、後日特典映像もお送りします。

【ライブのご視聴方法】

チケットをご購入いただいた方に、ご視聴のためのパスワードをメールでお送りします。または、購入完了ページからダウンロードできるPDFファイルにもパスワードが記載されています。

こちらのURLにアクセスして、パスワードを入力してください。

配信URL:https://yutaomino.com/miyashitaominobot/

なお、リアルタイムでご覧いただけなくでも、同じページでアーカイブ映像をご覧いただけます。

※配信スタート直前〜終演までは、メールでのパスワードのお知らせができません。お急ぎの場合はPDFをダウンロードしてください。

宮下博行(piano)

1963年1月14日生、大阪市出身。

5才からピアノを始め、中学生の頃からバンド活動をする。大阪芸術大学では作曲を専攻、在学中にCAT Jazz Academyで並行してJazzを学ぶ。その頃、自己のPOPS&FUSIONバンド”RIO”を結成、1981年8月にロックデイブロック大会でベストキーボード賞を受賞。

1983年千里音楽祭において優秀賞受賞しTV出演。後にバンド”Muse”を経て、POPSからJazzまで色々なジャンルのグループでライブ活動を行う。また、CMソング制作やミュージカルの音楽担当、MIDIやMP3による”ジャズアレンジによるJ-POP”も手がける。

1999年は海外進出として韓国ソウルJazz Festivalに出場、注目をあびる。
2000年9月にはドラムのJimmy Smith氏やボーカル&フリューゲルホーンのTOKU氏との共演、ボーカリストの故 越智順子氏の数々の伴奏も行う。

自身の作曲したオリジナル曲を多数持ち、2001年9月にはトリオ”MNT”のオリジナルアルバム”星をさがして/Looking for The Stars”をLyra Recordsより全国発売。

2005年4月にはNHK神戸放送局での番組にソロピアニストとして生出演。以後伴奏者としてもTV出演。同5月、インコグニート&US3のSAX奏者Ed Jones氏とのライブ&ツアーに参加。

2006年自己のトリオ”Project2”のTV出演を機に、某報道番組に楽曲を提供。

2007年10月、ヴィブラホンの第一人者、赤松敏弘氏とデュオコンサート。その後、某楽器店主催シンポジウムにて二人でレクチャーコンサートや、コンクール審査員などを行う。

2012年10月、L.A.のボーカリスト Cathy Segal Garcia氏とのデュオライブ、ヨーロピアンテイストのドラマー、池長一美氏とトリオライブなど、精力的に活躍。

CD発売以降、オフィシャル盤や、自主制作盤を定期的に発表。

2016年には東京でのトリオでオフィシャルCDを初リリース。”ヨーロピアンサウンド”のテイストを持つと言われるサウンドを特徴に、関西を拠点に活動。また関東でも”Pit Inn””Somertime””Alfee”などでLive出演。現在も東京”Sunnyside ”などで、自己のいくつかのトリオでの定期的なライブ活動を行っている。16年には、楽譜オリジナル作品集”Songbook”も発表。

最近では以前のバンド活動のキャリアから、ベーシストとしてもライブを行い、マルチプレイヤーとして活躍。ピアノで伴奏者としても数多くのサポートライブ、CDプロデュースなどの活動で、歌手からの信望も厚い。

また、一方では30年にわたるポピュラー、ジャズの熱心な教育者として数多くの後進の育成に力を注ぎ、2017.11月にはレッスン教則本発売。

追加情報

チケット

配信チケット, 配信チケット+サポートチケット¥1,000, 【特典映像つき】配信チケット+サポートチケット¥2,000, 【特典映像つき】配信チケット+サポートチケット¥5,000

Scroll Up