名雪祥代カルテット関東・甲信越ツアー


名雪祥代”Picturesque”発売記念ツアーの第二弾は、東京は御茶ノ水のNARU、そして甲信越地方へ。NARUは今回もパンパンの満席!早くも動画がアップされていました。

2日目は山梨県北杜市にある高龍寺にて、「山寺ジャズ」というイベント。こちらは100人オーバーのご来場!朝も早々に会場入りして、15時すぎには終演。打ち上げと温泉、そして翌朝は6時から坐禅会!45分たっぷり座りました。座禅をすることを「座る」っていうのね。住職が檀家さんとの雑談で「日曜は座ってから行きますんで」と。業界用語っぽくて面白いので、積極的に使っていこうと思います。

しかしご住職といい檀家さんといい、キャラの濃い方ばかり。世界中を旅して寺に戻られた住職のお言葉は、どれも説得力があるようでないようで、やっぱり尊いお言葉なのでした。

そして3日目は、噂に名高い安曇野の「蔵のカフェ清雅」。松本で友人Keltonのアイス屋さんMount Desert Island Ice Creamを訪ねて、穂高でお蕎麦を食べて、満を持しての入り。聞いてたとおり、まーホントに響きがいいこと!フルサイズのベースだったら余裕で生音でやれます。終演後にお客さんが食べてたパスタがいい匂いで、ぜひ次回は終わったあともゆっくりご飯を食べて帰りたいです。

そういえばバンドの写真がなかった…というわけで、安曇野の名ベーシスト・中島仁さんと自撮り。こんな響きのいいところをホームにするなんて羨ましい!

今回は11月11日、東林間のピアノサロンムーにて、名雪さん、賢作さんとのトリオがラスト。次のツアーは2020年4月、東北にて。愛に溢れたカルテットで演奏できることをいつも嬉しく思うと同時に、遠くから駆けつけてくださる皆さま(大人の遠足状態)、全公演でお手伝いしてくださるひろこ先輩の存在もありがたく感じてます。そしてご来場の皆さま、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll Up Scroll Up