Saigenji Trio@台北 草山玉溪Garden91

(photo by Kenny Mori)

Saigenji Trioで、台湾は台北、草山玉溪Garden91というところで演奏してきました。2泊3日の演奏旅行、一言で申し上げますと、最高の旅になりました。

台北では、一昨年から北條達子バンドで演奏しています。昨年の11月末に来たときに、台湾のアニキが連れてきてくれたお気に入りの場所が草山玉溪。市街地から少し山を登ったところにある、それはそれは美しいガーデンギャラリーでした。ふつうに飾ってあったら通り過ぎてしまうような石像を、センスよく展示して、質感や造形、陰影の魅力を教えてくれるところで、すぐに僕のお気に入りにもなったのでした。

しかも、庭園からは台北の市街地が一望できる絶景。夜になれば夜景も綺麗。静かで、心穏やかに過ごせる空間。人にあまり教えたくない場所って言われた理由もよくわかります。

そこで紹介してもらったのが、Garden91のボスであるSarina。こんなにアートに対してストレートな情熱を持っていて、アートの役割と可能性を信じている人にはなかなか出会えないもの。初対面で、しかもテキトーな英語しか話せない謎の日本人ベーシストを信用してくれて、じゃあ初夏にコンサートをしましょう、ということに。

さて、誰と一緒にここで演奏しようか。いくつかアイディアはあったのだけれど、Sarinaと「音楽にはPassionとEnergyが必要だ」ということで意気投合していたこともあって、それにピッタリくるサイゲンジさんと良さんにお願いすることに。このトリオなら、どこでどうなっても大丈夫だろう(いろんな意味で)、どこでもやれる強度があるだろう、と思っていたのです。結果、大正解でした。

海外での演奏を自分で手配するのは初めてのことで、案の定トラブルは絶えず。天賦の才であるところの詰めの甘さもあり、各方面へご迷惑をおかけしました。。これ以上何か手落ちがあったら、良さんのドラムと、サイゲンジさんと僕のアカペラコーラスライブになりかねない状況までくる始末。自分を信じるべきかコーラスの練習をするべきか、当日朝まで悩んだものでした。

羽田と成田を前日まで間違えてたりしながらも、何とか無事に台北に到着。エアポートおじさんたちは記念写真を撮り、はじめてUberでタクシーを手配して、乃木坂46をBGMに台北のハイウェイを快走。台湾でいちばん美味しいパン屋さん情報を教えてくれるおじさんの運転で、無事Garden91に到着。

******

会場入りすると、なんと美しいレイアウト!お洒落!やっぱり僕お客さんになってもいいですか!!と言い出す暇もなく、挨拶もそこそこにセッティング。

諸事情あって自分のベースを持って来られなかったのだけれど、台北在住のAntonというベーシストが自分の楽器を貸してくれることに。しかもTCのアンプも一緒に。ありがとうAnton!

セッティングが終わって、コーヒーで一息ついたあと、我々のお部屋へ。Garden91の向かいには、作品の展示ができるStudio94という施設があって、そこに宿泊もできるようになってます。古い家屋を二棟つなげてリノベーションした建物で、もういちいち気が利いているカッコいい部屋。もうこの時点で幸せです。台湾の美味しいビールをご馳走になり、トリオの幸福感もブチ上がり。

(photo by Kenny Mori)

決してアクセスが良い場所ではないし、チケットも安くはないのに、なんと満席!それだけでも感動しちゃうのに、いざ演奏が始まるとものすごい盛り上がりっぷり。オーディエンスのほとんどにとっては、歌詞の意味はわからない日本語の歌。にも関わらず、えっそんなに盛り上がっちゃう?ドッキリなのこれ?というぐらいの歓声と拍手。

Sarinaの言うところのPassionとEnergyを、言葉なんて関係なしに共有できていることがダイレクトに感じられて、ちょっと泣きそうでした。あぁ、このバンドはどこに行ってもやれるな、すごいバンドだな(自分は低いほうの音をぺろぺろ弾いてるだけだけど)と、確信を持ったのでした。

終演後、我々がCD販売に出ていった時点でもうニューアルバムは売り切れ。慌てて予備在庫を出す始末(これもすぐ売れちゃった)。もう何から何まで信じられないほど、このバンドの音楽が受け入れられていたのでした。ご予約いただいたものはサインしてお届けします!

*******

急いで楽器を片付けて、Sarinaと彼女のチーム、残っててくれたお客さんと一緒に打ち上げ。海鮮居酒屋からバー、クラブ、もう一軒クラブとハシゴして、すっかりヘロヘロになってしまったトリオ。でも若いスタッフはまだまだ元気で、翌日も朝からちゃんとお仕事。しゅごい…。

彼らの仕事ぶりは本当に素晴らしくて、快適に過ごせるように手を尽くしてくれました。宿泊もご飯も最高だった!これは我々も最高の音楽をやるしかない、と思わせてくれます。みんな、ありがとね。

このバンドのことを知らない人が、いい演奏ができるように手を尽くしてくれて、ものすごいエネルギーをもって音楽を受け入れてくれて、また聴きたいと言ってくれて、終わったあとも何から何までおもてなしをしてくれて…。本当に夢のようでした。

いろいろ苦労もあるけど、ここまでやってきたことは概ね間違いではなかったな、と思うのです。自分にとって大きな意味をもつイベントになりました。ご来場のみなさまはもちろん、Sarina、草山玉渓のチームのみんな、徹さん、サイゲンジさんと良さんにはお礼を言っても言っても言い足りません。

…と書くと終わっちゃった感あるけど、Garden91でのコンサートシリーズはこれがスタートになるだろうし、Saigenji Trioも東京や日本をどんどん飛び出していくことになるのでしょう。はーよかった、俺GJ。

******

コンサート後は昼過ぎまでぐっすり寝て、また美味しいランチをごちそうになって(幸せすぎる)、次のコンサートの企画をしたところで再会を誓ってお別れ。2日目もライブ…のはずだったのだけど、あれこれあってオフになってしまったので、一日まるごと台北観光。

アニキと昼下がりに合流して、マンゴーかき氷に始まり、迪化街、龍山寺、夜市、羊料理、足つぼマッサージ…とたっぷり堪能させていただきました。最高の会場を紹介してもらった上に観光までお付き合いいただいて、本当にありがとうございました!

(観光中の写真、たくさん撮ったつもりが案外なかった。。)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll Up Scroll Up