ギターとコントラバスとまきものと家具と。

all photo by Hiroshi Moriya 森谷博

埼玉県和光市の、練馬との境近くにあるヴィンテージ家具屋さん”wormhole furniture”にて、ギター助川太郎さん、織り機shirocoさんとのパフォーマンスをしました。

木工品に囲まれて、ライブでもありながら、インスタレーションの一部にもなるというもの。いつもの小美濃・助川デュオのレパートリーもお聴きいただいたし、まきものを織る(さをり織り、という織り方)音が鳴り響く中での即興演奏にもチャレンジしました。

客席の中に演者がいて、あちこちから音が聴こえてきて、アンサンブルのような、関係ないことをやってるような、不思議な感覚を楽しんでいただけたかな、と思います。

カツーン、シャッ、シャッ、という音との距離を離してみたり近づいてみたり。楽器ではないものとパフォーマンスするときに何を考えるのか、ちょっとずつ見えてきた気がします。

今度は2020年の4月11日、織りとコントラバスのふたりで京都に乗り込みます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll Up Scroll Up